TPPと日本

TPPに参加している国の中でアメリカが飛び抜けた大国となっています。
GDPの比率では全加盟国の8割以上を占めているのです。
そこで日本に参加の打診がアメリカからあったそうです。
日本がTPPに参加することによって、世界経済におけるTPPの意義が大きくなるからです。
世界のGDPの4割をTPPが占めることになります。カリビアンドットコム
アメリカが日本に強くTPPを勧めるのはどうしてなのでしょうか。
アメリカはTPPの意義を高めることによって、そのリーダーシップを発揮しようと考えています。
日本に対しては交渉によってどうにでもなると考えているのかもしれません。
TPP参加に向けた交渉が始まることになりますが、今までの歴史を見ても、日本がアメリカを説得できたことはほとんどありません。
逆に無理難題を押し付けられてしまうことがほとんどなのです。
今回のTPPにおいても、政府は言うべきところはきちんと主張して、自国の利益を守ると言っていますが、どこまで通用するのか不透明です。
反対派の人たちはそのことを心配しているようです。
国民に対してはしっかりした交渉をやると言っていても、実際の時にはわからないのです。
賛成派はそのような交渉はないと考えています。
どちらが正しいのでしょうか。
例外なき自由貿易がTPPの基本方針です。
自由貿易の名の元にたくさんのことを要求されることになるかもしれません。
それが日本の主権を失くしてしまうと言われていることなのです。
TPP日本亡国論と言う本が出ています。
このことが笑い話ではなく本当のことになってしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です