遺産相続人

遺言がない場合には法律によって決められた人が遺産相続をします。
それを法定相続人と呼びます。
映画やドラマなどで相続争いの場面が出てくることがよくありますから、どのような関係の人が遺産相続の権利を持つのか知っている人もいるでしょう。
ここではもう一度トリプルエックス確認の意味で法定相続人について説明しましょう。
遺産相続に関しては民法によって定められています。
法定相続人は親族の範囲でかつ順位も決まっています。
故人との間でトラブルがあったり、けんか別れしていたりしたとしても、生前の親族関係によって相続権利が出てきます。
第1順位は直系卑属です。
これは要するに子供のことです。
子供が死亡していれば孫になります。
仮に孫も死亡していれば、ひ孫となるのです。
第2順位は直系尊属です。
卑属が子供の方にたどるのに対して、尊属は親の方にたどることになります。
つまり、故人の親、そして祖父母となります。
そして第3順位が兄弟姉妹です。
兄弟姉妹が死亡している場合は甥や姪となりますが、この場合は甥の子供には相続権はありません。
配偶者がいる場合は、それぞれの相続人と配偶者になります。
一般的なのは配偶者と子供のケースです。
つまり、配偶者は常に相続権を有することになるのです。
ここで配偶者とは法律に基づいた婚姻関係が必要となります。
いわゆる内縁の妻は相続権がないのですね。
また、子供の場合は直接血がつながっていない養子でも、認知された非嫡出子にも相続権があります。
忘れがちなのは胎児にも相続権があるところですね。

韓国ドラマの不思議な部分

近年、及川奈央 無修正レンタルDVDショップに行ってみると韓流ドラマのコーナーがしっかりと有る様に感じます。それも韓国で流されて間もないドラマが直ぐに見れる様になっているのです。それだけ韓流ドラマの需要が増えていると言う事なのでしょう。韓流ドラマの設定は本当にあり得ない感じの内容と展開になっていて、昔の大映ドラマの様な感じだとイメージする方も少なくないと思います。また見ていると日本と韓国の文化の違いもチラホラ出てきますので、ちょっとした違和感を感じる方も多いと思います。その1つに、男性陣が直ぐに泣いてしまうと言う事が挙げられます。日本のドラマでは男性があまり泣くシーンと言うのは少ないですので、泣くシーンが頻繁にあると不思議だなと思う事も多いと思います。そしてお金持ちと貧乏人のラブストーリー、財閥レベルのお金持ちのキャラクター、養子や出征の秘密等色々不思議な展開だらけの様な気がします。そして、日本人からしてみたらどうしてこうした男性が主役でモテる役どころなんだろうと言う人も結構います。とにかく突込みどころもたくさん有る様な所も日本の大映ドラマと同じ様な感じがします。急に交通事故で記憶喪失になったり、小さい頃の純愛を貫いたり、障害が起きたり、三角関係、四角関係になったり、親がとことん介入してきたりと本当に見ていて飽きない様な感じもします。そうした不思議な感じがレンタルDVDショップ等で韓流ドラマのコーナーを作っている理由なのかもしれませんね。

TPPと日本

TPPに参加している国の中でアメリカが飛び抜けた大国となっています。
GDPの比率では全加盟国の8割以上を占めているのです。
そこで日本に参加の打診がアメリカからあったそうです。
日本がTPPに参加することによって、世界経済におけるTPPの意義が大きくなるからです。
世界のGDPの4割をTPPが占めることになります。カリビアンドットコム
アメリカが日本に強くTPPを勧めるのはどうしてなのでしょうか。
アメリカはTPPの意義を高めることによって、そのリーダーシップを発揮しようと考えています。
日本に対しては交渉によってどうにでもなると考えているのかもしれません。
TPP参加に向けた交渉が始まることになりますが、今までの歴史を見ても、日本がアメリカを説得できたことはほとんどありません。
逆に無理難題を押し付けられてしまうことがほとんどなのです。
今回のTPPにおいても、政府は言うべきところはきちんと主張して、自国の利益を守ると言っていますが、どこまで通用するのか不透明です。
反対派の人たちはそのことを心配しているようです。
国民に対してはしっかりした交渉をやると言っていても、実際の時にはわからないのです。
賛成派はそのような交渉はないと考えています。
どちらが正しいのでしょうか。
例外なき自由貿易がTPPの基本方針です。
自由貿易の名の元にたくさんのことを要求されることになるかもしれません。
それが日本の主権を失くしてしまうと言われていることなのです。
TPP日本亡国論と言う本が出ています。
このことが笑い話ではなく本当のことになってしまうかもしれません。

TPPと新聞

TPPに関する新聞報道を読むと多くの人が違和感を持っています。
それはすべての新聞がTPPに対して賛成の論調になっているからです。
TPPによって私たちの生活はどのように変わってくるのでしょうか。
農業関連分野では競争力のない生産者は廃業に追い込まれてしまうと危機感を募らせています。
これは新聞にも報道されています。
しかし、その他の業種はどうなのでしょうか。カリビアンコム
TPPによって利益を得ることになる業種もあると書かれているようです。
もちろん、それは嘘ではありません。
しかし、日本における制度が他の国から見て規制状態にあると見られるものは他にもたくさんあるのではないでしょうか。
実は新聞がそうなのです。
新聞各社は何も報道しませんが、新聞はいろいろな規制によって守られているのです。
本当にこれらを撤廃してやっていけるのでしょうか。
自分たちのことは規制を残したままにしておいて、他の分野のことばかりを記事にしている姿勢が多くの人の反発を買っているのです。
その実体をもっと報道しなければなりません。
通常の政府の行動についてはすべての新聞が同じ意見となることは稀です。
そのことだけでも何らかの裏があるのではないかと勘繰られるのです。
インターネットでもそのような意見がたくさん見つけることができます。
あなたも興味があるのならば、検索してみましょう。
TPPによって何がどう変わるのか。
新聞以外のメディアと新聞が主張していることに違いがないかを検証して見てください。

TPPの意義

政府関係者やマスコミがどれだけTPPの意義を強調しても、それをすべて信用することはできません。
それだけTPPは複雑なのです。
悪い方向に考えていけば、すべてが悪くなります。
日本の産業は滅びてしまうと真剣に考えている人もいるのです。
TPPの反対派と賛成派では、その意見に大きな隔たりがあります。
野田首相のTPPの意義についての発言を紹介しましょう。
貿易投資の自由化を推進し、アジア太平洋地域の経済統合を進めることは、地域の活力を日本に取り込むことになり大変有益であると述べています。
TPPには大きな意義があると言うことですね。出会いSNS
APECの会議で首相はオバマ大統領や中国の胡錦濤主席と会談しています。
日本が経済や安全保障、文化などの面で協力を進めていくための議論をしたいと発言しているのです。
TPPが日本にとって有益であるのです。
この言葉だけで納得する人はいないでしょうが、インターネットなどに書かれているように悪いことばかりではないと言う気がします。
多くの国民はTPP参加について賛成か反対か決めかねています。
話が難しすぎて、理解できないのが正直なところでしょう。
私たちの暮らしがどのように変わっていくのか見えないのです。
本当に日本の経済が崩壊するのであればそれは非常に問題です。
しかし、本当にそんなことになるのだろうかと考えてしまいます。
外国人労働者が増加することによって失業者が増えていくことはある程度正しいのかもしれません。
しかし、多くの失業者が出るとなると、疑問も湧いてくるのです。